新着記事

カテゴリー

【iPhone SEレビュー】iPhone SE 2016→2020に移行して感じたこと

【iPhone SEレビュー】iPhone SE 2016→2020に移行して感じたこと
今読まれているのは「本日のおすすめ記事」です!
この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
作業環境にはこだわるミニマリスト(@pakkan316

2016年初頭に発売された「iPhone SE(第一世代)」を5年近く使い倒し、つい数日前に発売された「第二世代(2020年版SE)」に乗り換えました。

ややこしいですが、今回のiPhone名も「iPhone SE」のまま。
正式に「iPhone SE 2」のようなナンバリングがされなかったので、「第二世代」とか「2020年版」とか色々言われてます。
とりあえず当記事では「SE2」で統一します。

というわけで、久しぶりのスマホ移行なので思うことは大量にありますが、当記事では以下のポイントについてまとめました。

この記事で書いてること

①まず「iPhone SE(第二世代)」のレビュー

②何故今「SE2」に乗り換えたのか

③SE2を5年近く使ってきた理由

まず「iPhone SE(第二世代)」のレビュー

まず「iPhone SE(第二世代)」のレビュー:iPhone SE2の梱包物一覧
梱包物一覧
良い点

・iPhone11程では無いが、高機能なカメラ

・スマホ界最強チップ「A13 Bionic」搭載

・iPhone8用のアクセサリーを使いまわせる

・安い

微妙な点

・特に無し

こんな感じです。

ぼかしに対応した「カメラ」

ぼかしに対応した「カメラ」

5年ぶりにスマホを乗り換えて一番嬉しかったのが「写真がキレイ」という事でした。

まるで一眼レフで撮ったかのようなぼけ感。
筆者はブログ用の写真をスマホで撮影することも多いので、これは記事のクオリティアップに繋がりそうです。

ちなみに写真クオリティについては、「iPhone11」には到底及びません
あちらは広角レンズを採用していたり、ズームに合わせてサウンドも大きくなるなど、カメラに対するこだわりが強い。

逆に同じ筐体の「iPhone8」と「SE2」はそんなに変わらないようです。

iPhone SE(第2世代)、iPhone8/11Proのカメラ性能を比較 – iPhone Mania

 

上記リンク先では、「ちゃんとした明かりのある場所では、8、11、SE2にクオリティ差は見られない」と結論付けています。(暗いシーンでは圧倒的に11優位)

だから8から乗り換える場合は、カメラに驚くことは無いでしょう。

スマホ界最強チップ「A13 Bionic」搭載

スマホ界最強チップ「A13 Bionic」搭載

CPUには、「iPhone SE2」、「iPhone 11」ともに「A13 Bionic」チップを搭載しています。
これは現時点で最も高速なスマホ用チップです。

「iPhone SEの発売を聞いて、iPhone11買った人が嘆いてる」的な話を聞きましたが、その理由がコレ。

「“A13 Bionic”目当てで10万円出して11を買ったのに、その数か月後に5万円で同じようなのが出てきた」という事なのでしょう。

では「SE1から乗り換えた筆者の感想」ですが、「サクサク感」はあまり感じませんでした
5年前の端末からの移行でもこんなレベルなので、「8 → SE2」に乗り換えた場合、ほとんど差は感じないでしょう。

ただ、筆者はスマホゲームをしないので、そこを重視する方はもしかしたら爆速に感じるかもしれません。

そしてCPUの性能は「バッテリー消費」にも影響します。

 

「A13 Bionic」は消費電力の少なさも売りのようで、これにより「バッテリーの持ち」にも期待できます。

iPhone8用のアクセサリーを使いまわせる

iPhone8用のアクセサリーを使いまわせる

筐体はiPhone8と全く同じなので、8用のケースを使いまわせます。
8から乗り換えるユーザーにはありがたいですね。

また、旧機種のアクセサリーが使えるという事は、それだけ選択肢が多いということ。
新機種はどうしてもアクセサリーが少ないので、これもSE2の嬉しいポイントですね。

ただ、冒頭で書いた通り「SE2」とナンバリングされた商品では無いので、間違って「第一世代」のアクセサリーを購入しないように注意が必要

Amazon等で検索する場合は、

iphone8
iphone 2020
iphone SE 第二世代

と書かれているアイテムを購入すると良いでしょう。

安い

筆者が購入した「iPhone SE 64GB ホワイト」の本体価格は「49,280円(税込み)」でした。

決して安くはないですが、「iPhone信者ではないけどスマホはiPhone一択」と考えている筆者のようなタイプには嬉しい選択肢ですね。

何故今「SE2」に乗り換えたのか

何故今「SE2」に乗り換えたのか
データ移行中の画面、右がSE1、左がSE2
 

主な理由は以下の3点。

・バッテリーの減りが早くなった
・横幅320pxに対応したwebサイトが少なくなった
・丁度8を買おうとしてた

5年も使ってたらさすがにバッテリーがヘタリました。
それでも一日は持つので問題無かったですが、やっぱり「そろそろかなぁ」という気持ちになります。

そして2年くらい前から「画面幅320pxではwebサイトが崩れる」という現象が頻発するようになりました。

主流スマホの画面横幅はほぼ「375px以上」なので、どのwebサイトも「最低で375px」を要件としてデザインしているようです。

だからSE1でサイトを見ていると、横にはみ出して無駄な横スクロールが発生したり、ボタンが落ちてズレる事も多かった。

あの「日経ビジネスオンライン」ですら320pxを捨てていたので、さすがにもう4インチで快適な操作は望めません。

SE2を5年近く使ってきた理由

 

主な理由は以下の3点。

・Apple信者では無いから
・スペックが事足りてたから
・4インチから離れたくなかった

筆者はApple信者では無いので、最新のiPhoneに乗り換える必要がありません(皮肉)。
そのうえ特にゲームもしないので、スペック不足も感じませんでした。

 

最後、「4インチ画面」から離れるのが本当に嫌だった。

「4インチのメリット」は別記事で書いたのでここではハショりますが、4インチの恩恵はマジででかかった事を、みなさん忘れないでください。

【iPhone SEレビュー】iPhone SE 2016→2020に移行して感じたこと:まとめ

以上、SE2のレビューと、それに関する余談でした。

「SEシリーズ」は「無難」なので、僕のように「そろそろ買い替えようかな」とウダウダしてた層にはピッタリです。
今のところ特に在庫は問題無いようなので、普通に公式等から買えますよ。

オススメアイテム↓

spigen iPhone SE(2020)/8/7 Neo Hybrid Herringbone ネオハイブリットヘリンボーン iPhone SE(2020) ケース iphone8 米軍mil規格 シュピゲン iphone8 spigen iphone7 ケース iphone8 ケース 頑丈 iphone8 耐衝撃ケース 衝撃吸収 iphone ケース アイフォン8ケース
レビュー
レビューした日
商品
iPhone SE(第二世代)
総合評価
41star1star1star1stargray



今読まれているのは「本日のおすすめ記事」です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316

軽度のミニマリストですが、生活をより良くする為のアイテムなら結構な頻度で購入する「効率厨」な側面があります。

元々「ぱっかんブログ」という雑記ブログにていくつかのガジェットについて書いてましたが、ガジェット系記事のボリュームが増えたので、特化メディア「ぱっかんのガジェットブログ」を立ち上げました。

運営してるメディア
ぱっかんブログ
ぱっかんのガジェットブログ(当サイト)
ぱっかんシネマ
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ